総合福祉団体定期保険【生命保険用語】

総合福祉団体定期保険そうごうふくしだんたいていきほけんとは

従業員などの死亡または所定の高度障害に対して、保険金を支払う1年更新の定期保険

総合福祉団体定期保険は、団体または団体の代表者が保険契約者となり、従業員等に万が一の事があった場合、企業が定める福利厚生規定(死亡退職金規程等)の円滑な運営を目的とするものです。

従業員等が死亡または所定の高度障害状態になってしまった場合に、死亡退職金規定等の諸規定に基づいて支給される金額を、設定保険金額の範囲内で死亡保険金又は高度障害保険金として支払われます。

団体定期保険は従来、全員加入団体保険(Aグループ)と任意加入団体保険(Bグループ)とに区分けされていましたが、従来の団体定期保険では、退職金規程等を上回る保険金額の加入が可能で、死亡者の遺族が企業に対して受け取った死亡保険金を全額(企業の経済的損失を補填する為の保険金を含めて)支払うよう請求し、社会的に問題になった経緯がありました。

この様な問題点を解消するために、総合福祉団体定期保険が出来たのです。

総合福祉団体定期保険が団体定期保険と異なる点は、遺族補償を目的とする部分を主契約とし、主契約に企業の経済的損失に備えるための部分をヒューマンバリュー特約災害総合保障特約として別建てにする保険構成になっている事です。

総合福祉団体定期保険の特徴は以下の4つになります。

  1. 割安な保険料で大きな保障が得られる
  2. 企業が負担した保険料は全額損金算入出来る
  3. 原則として健康診断の必要がなく、加入手続きが簡単である
  4. 契約は1年更新なので、退職金・弔慰金規定の改定に伴う保障額の見直し柔軟に対応できる

なお、1年毎に保険料と支払われた保険金に基づき収支計算が行われ、剰余金が生じた場合は配当金として契約者に支払われます。