終身保険【生命保険用語】

終身保険しゅうしんほけんとは

被保険者が死亡した場合に限り死亡保険金を支払う死亡保険のうち、保険期間が終身にわたる保険の事

終身保険は定期保険と同様に、死亡した場合にのみ死亡保険金が支払われますが、保険期間を限定しないのが終身保険の特徴です。

「終身」とは、一生涯保障が続くという意味になります。

保険料の払込みは一定期間で終了するもの(有期払込)、生涯にわたって支払うもの(終身払込)、一時に金額を支払うもの(一時払込)と大きく3つに分類されます。

国民の平均寿命が世界でも高水準となり、生涯にわたる保障の必要性が高まってことで終身保険が重要視されています。

終身保険は満期保険金は無いですが、長期継続すると配当金やキャッシュバリューを利用した年金払など、老後の資金として活用できます。

また、夫婦2人を同時に保障する夫婦保険という商品もあります。