死亡保険料【生命保険用語】

死亡保険料しぼうほけんりょうとは

保険会社が死亡保険金を支払う財源となる保険料の事

契約者から集められた保険料(営業保険料)は、保険金給付金の支払財源となる保険料(純保険料)と、それ以外の保険料(付加保険料)とに分けられます。

この保険金・給付金の支払い財源となる保険料(純保険料)は、死亡保険金・給付金の支払い部分に充当される保険料(死亡保険料)と、将来の保険金の支払いに備えて積み立てる部分の保険料(生存保険料)とに分かれます。