死亡保険【生命保険用語】

死亡保険しぼうほけんとは

被保険者が死亡または高度障害になった場合に限って保険金が支払われる保険の事

死亡保険はその保険期間によって、保険期間を定めている保険を定期保険といい、保険期間が被保険者の一生にわたっている保険を終身保険といいます。

定期保険は契約時から一定期間を定めて加入し、その期間中に死亡した場合に限り保険金を支払う保険です。

したがってその保険期間満了時まで生存した場合には、保険金は支払われないで契約は消滅し、保険料は掛け捨てとなります。つまり、言い方が悪いですが、契約期間中に生存していた場合には、それまで支払っていた保険料が全て無駄になるという事になります。

一方で終身保険は、定期保険同様に死亡した場合のみ保険です。

終身保険は一生涯を保障するものなので、必ず保険金が支払われる事になっています。

また終身保険は満期保険金は無いですが、長期継続すると蓄積部分が増えて、途中で解約する事によって老後の資金としても活用できるメリットもあります。