責任開始期【生命保険用語】

責任開始期せきにんかいしきとは

生命保険会社が、契約上の責任(保険金、給付金の支払いなど)を開始する時期

保険契約は申し込みと、それに対する承諾とが合致さえすれば、ただちに成立してその効力が生じます。

保険会社の責任も特別の事情がない限り、契約の成立と同時に開始されるべきです。

しかし、保険約款では、「会社は、保険契約の申込みを承諾して第1回保険料相当額を受け取った時、または被保険者に関する告知がなされた時のどちらか遅い時から責任を開始する」と規定されていて、保険契約者の申し込みを保険会社が承諾して保険契約が成立し、その効力が発生した場合、保険会社の責任は上記約款の「第1回保険料相当額の領収日または告知日のどちらか遅い時」に遡って開始されます。

これは、危険選択の機会を確保し、責任開始期をそれに見合った時期まで遡らせるものです。

※保険会社が契約上の責任を開始する日を契約日といいます。