生存保険【生命保険用語】

生存保険せいぞんほけんとは

被保険者が、保険期間満了日まで生存したときに限り、保険金が支払われる保険

生命保険の基本的な仕組みは、生存保険、死亡保険、生死混合保険の3つに分類されます。

なかでも、生存保険は被保険者がその保険期間満了日まで生存した場合に限り保険金が支払われる保険で、死亡した場合にのみ保険金が支払われる死亡保険とは、全く逆の性質をもった保険商品です。

生存保険の保険期間中の被保険者の死亡は、保険金の支払い対象にはなりません。

したがって、一般的にはそれまで積み立てられた責任準備金に相当する額を契約者に返還して契約が消滅するような仕組みです。

※一般的な生存保険の種類には、年金保険、子ども保険貯蓄保険などがあります。