生死混合保険【生命保険用語】

生死混合保険せいしこんごうほけんとは

生存保険死亡保険を組み合わせた保険

生死混合保険は、被保険者が保険期間中に死亡または高度障害になった場合や、保険期間満了まで生存した場合に保険金が支払われる保険です。

代表的なものが養老保険であり、その応用として定期保険特約付養老保険、生存給付金付保険などがあります。

養老保険は死亡保険金満期保険金が同額なのですが、定期保険特約付養老保険は、養老保険に定期保険を上乗せし満期保険金よりも死亡保険金が多くなっています。

死亡保障も必要ですが、生きているうちで自分自身で保険金を受け取りたいというニーズに適した保険だと思います。

特に若年層に人気の生存給付金付保険は、満期保険金を少額にして、その差額を生存給付金として3年以内という早い時期に受け取る事が出来るので、レジャー資金などに活用できるように工夫がされています。