生命保険料控除【生命保険用語】

生命保険料控除せいめいほけんりょうこうじょとは

生命保険料の一定額が、契約者(保険料負担者)のその年の所得から控除される事

生命保険の保険料を支払うと、その支払保険料に応じて一定額を限度として所得税、住民税の計算上「生命保険料控除」として契約者(保険料負担者)の所得から控除されます。

一般の生命保険料控除および個人年金保険料控除の限度額は、2012年分以後(住民税は2013年度分以後)、それぞれ従来の50,000円(住民税35,000円)から40,000円(住民税28,000円)へ引き下げられると同時に、新たに介護保険医療保険については別枠で介護医療保険料控除として40,000円(住民税28,000円)の控除が出来るように改正されました。

また、生命保険料控除全体の控除限度額は所得税120,000円、住民税が70,000円です。

さらに改正前の生命保険料控除では、主契約の内容によって適用される保険料控除を区分していましたが、改正後は主契約または特約の内容に応じて適用される様になりました。

※2011年12月31日までに締結した生命保険契約等については、従来(改正前)の制度が適用されます。