生命保険金控除【生命保険用語】

生命保険金控除せいめいほけんきんこうじょとは

生命保険金も、みなし相続財産として相続税計算上含めるが、相続人が受け取った生命保険金のうち、一定金額が控除される事

保険契約者(保険料負担者)と被保険者が同一人の場合、税法上で一定の金額が非課税になる特典が認められています。

相続税の計算上、法定相続人一人につき500万円が非課税となるので、保険金の合計額のうち、相続人全体の非課税限度額は以下の通りになります。

500万円×法定相続人数=非課税限度額

例えば、法定相続人が4人だった場合、最大2000万円までが非課税になるわけです。

※なお、法定相続人とは、民法の定める相続人であり、相続放棄者がいても法定相続人の中に含まれます。