生命保険契約者保護機構【生命保険用語】

生命保険契約者保護機構せいめいほけんけいやくしゃほごきこうとは

生命保険会社が破綻した場合に備え、保険業法に基づいて1998年12月1日に設立・事業開始した法人

生命保険契約者保護機構は、国内で事業を行う全ての生命保険会社が会員として加入しています。

ただし、共済および少額短期保険業者の取扱商品は、保護機構の対象にはなりません。

保護機構は、生命保険会社の保険契約者の為の相互援助制度として、万が一にも生命保険会社が破綻した場合には、破綻した生命保険会社の契約を引き継ぐ救済保険会社への資金援助や、仮に救済保険会社が現れない場合には、保護機構の子会社として設立される承継保険会社への保険契約の承継、または保護機構自身が保険契約の引受けを行う事により、保険契約を継続させて保険契約者の保護を図る事にしています。

再保険を除く元受保険契約が保険保護の対象になり、破綻時点の責任準備金の最大9割まで補償されるようになっています。