生命保険契約の失効【生命保険用語】

生命保険契約の失効せいめいほけんけいやくのしっこうとは

保険料を支払わなかった事により、保険契約の効力を失う事

生命保険契約失効すると、生命保険による保障が受けられなくなります。

ただし、解約返戻金が存在する生命保険の場合には、解約返戻金の範囲内で保険会社が自動的に保険料を立て替える自動振替貸付制度があるので、その制度を利用して保険料を立て替えてもらう方法が存在します。

この場合、生命保険の保障の効力はありますが、立て替えによる利子が発生します。

また、一定の条件をクリアする場合には、生命保険契約を復活させる方法もあります。