生活障害定期保険【生命保険用語】

生活障害定期保険せいかつしょうがいていきほけんとは

一定期間の死亡・高度障害保険の他、歩行や衣服の着脱、食事、入浴、排泄等に介助が必要になったり、認知症と診断されるといった所定の生活障害状態になった場合などに保険金を支払う保険の事

生活障害定期保険は現在、法人向けのがん保険に変わる事業活用型保険とされている商品で、加入10年目あたりで解約返戻金のピークがくる保険商品です。