生活設計【生命保険用語】

生活設計せいかつせっけいとは

将来必要となる資金とその時期を考え合わせて、計画的に準備する事

生活設計を立てる場合に役に立つのがライフサイクル表です。

これによって子どもが中学、高校、大学をいつ卒業し、夫の定年がいつかなど、長い人生について目安を立てることが出来ます。

これらの生活目標を実現するためには、長い準備期間と多額の資金が必要になります。

この資金を経済準備資金といいます。

将来のライフサイクルの過程で必要となる経済準備資金の主なものは、遺族生活資金老後生活資金、住宅資金、教育・結婚資金、緊急予備資金等です。

このほかに、相続税問題が生じる場合の対策として、相続対策資金が考えられます。

これらの資金を目的別に費用を区分けして、早期に計画的に準備する事が生活設計なのです。