生保FP【生命保険用語】

生保せいほFP(ファイナンシャルプランナー)とは

生命保険、年金保険を活用した財産設計(ファイナンシャル・プランニング)を行う専門家

財産設計(ファイナンシャル・プランニング)とは、「主として個人の資産管理、運用に関するもので、まず顧客の家族構成、収入、支出、資産、負債、保険などの状況を把握し、顧客の希望も確認のうえで、それに基づいて顧客の生活設計上の目標を達成するために、投資計画、税金対策、保障(保険)対策などを総合的な顧客の資産設計を行い、あわせてその実行を援助する事」と定義されています。

ファイナンシャルプランナーとは、ファイナンシャル・プランニングを行う専門家であり、税理士、弁護士、不動産、保険などの専門家の協力で、総合的な資産設計を行っています。

生保FPは、世間一般における経済準備資金の水準、公的年金の水準、路線価、金利水準などのデータを提供する事によって、死亡保障、老後保障、貯蓄、相続・事業承継等のそれぞれのニーズに対応しているのです。