年金受給権【生命保険用語】

年金受給権ねんきんじゅきゅうけんとは

他の者が保険料を負担した年金給付契約に係る年金を受け取る事ができる権利

年金受給権とは、契約者(保険料負担者)と年金受取人が異なっている契約で、年金開始の時、あるいは年金受取期間中、受取人の死亡により相続人等が継続して年金を受け取る場合、年金を受け取る権利が引き継がれる事を指します。

別名で、「定期金に関する権利」とも呼ばれます。

契約者以外の個人が個人年金保険の受給権(年金開始時または年金受取期間中)を取得した時は、その年金の受給権において評価された金額に、相続税または贈与税が課税されます。

年金受給権の評価方法は、相続税法24条によって年金の種類により異なります。

確定年金の評価方法

  1. 解約返戻金の金額
  2. 定期金に代えて一時金の給付を受けることができる場合には、当該一時金の金額
  3. 1年間に受けるべき金額×残存期間に応ずる予定利率の複利年金現価率の3つのうち、いずれか多い金額

終身年金の評価方法

  1. 解約返戻金の金額
  2. 定期金に代えて一時金の給付を受けることができる場合には、当該一時金の金額
  3. 1年間に受けるべき金額×平均余命に応ずる予定利率の複利年金現価率の3つのうち、いずれか多い金額

保証期間付終身年金の評価方法

この場合、保証期間の残存期間を上記の確定年金の評価方法で計算した評価額と、同じく上記の終身年金の評価方法で計算した評価額のどちらか多い金額によってそれぞれ評価されます。

まとめ

相続・贈与が年金受取開始前の場合は、原則として解約返戻金相当額で評価されます。

なお、年金受給権の評価方法は、2010年度に改正されて現在は上記の評価方法ですが、2010年3月31日以前に締結した契約で、かつ2011年3月31日以前に相続・贈与があった場合には、相続税法旧24条による評価方法が用いられます。