みなし相続財産【生命保険用語】

みなし相続財産そうぞくざいさんとは

本来の相続や遺贈によって貰った財産でなくても、実質的には相続や遺贈によって財産を貰ったものと同じ経済効果があると認められる(みなされた)財産の事

相続税は、原則として相続または遺贈によって取得した財産を課税の対象にしていますが、財産の取得原因が民法上の相続または遺贈でない場合であっても、実質的で客観的な視点から考えて「相続または遺贈によって取得した財産と同様の経済的な価値」を持っているケースがあります。

そこで相続税法では、相続人等が受け取る生命保険金や、相続人等に支給された退職手当金等については、それを相続または遺贈によって取得したものとみなし、相続税が課税されるようになっています。