リビングニーズ特約【生命保険用語】

リビングニーズ特約とくやくとは

被保険者が余命6ヶ月以内と判断(診断)された時に、死亡保険金の一部もしくは全部を前倒しして支払う特約

被保険者が医師の診断によって、余命6ヶ月以内と判断された時に、被保険者または代理請求人に保険金が支払われるため、医療費の補填および被保険者の意思に基づいた保険金の活用が可能になっています。

この特約の保険料は、主契約保険金の前倒しという考え方から存在しているので、この特約については別途に支払う保険料が必要ありません。

主契約の保険金額がこの特約による保険金額(主契約の範囲内で指定された保険金額)と同額の場合、この特約によって保険金が支払われると主契約は消滅します。

また、主契約の保険金額がこの特約による保険金額より大きい場合、この特約によって支払われた保険金に対応する保険金額が、主契約から減額されたものとなります。

例えば主契約が1000万円で、リビングニーズ特約の枠が800万円だとすると、特約を利用して800万円が生前に支払われると、主契約が200万円になるという意味です。

この様な生前給付型保障は、特定疾病保障保険とともに現代のニーズに合った新しいタイプの生命保険の仕組みだと思います。