給付金削減支払法【生命保険用語】

給付金削減支払法きゅうふきんさくげんしはらいほうとは

契約後一定期間(削減期間)内に入院や手術などを受けた場合、給付金を一定の割合で削減して支払う方法

生命保険契約の加入時点での危険選択において、身体上の危険(既往症きおうしょうなど)を有している場合、その身体上の危険が時間の経過とともに減じていく性質のもの(逓減性ていげんせい)や一時的なものの場合に適用されます。

ただし、給付金削減の直接の原因となった危険だけでなく、それ以外の危険から生じた入院や手術などの給付金も削減されてしまう事には問題があると考えられています。

既往症きおうしょうとは、これまでにかかった主な病気などの事を指します。