拠出型企業年金保険【生命保険用語】

拠出型企業年金保険きょしゅつがたきぎょうねんきんほけんとは

在職中に任意に契約して保険料を払い込み、老後に年金を受け取るための保険

拠出型企業年金保険は団体を契約者、その所属員などのうち、希望者を加入者として、加入者の自助努力による財産形成や老後の生活資金確保を支援するための団体年金保険です。

例えば、保険料の払込期間中に死亡した場合、遺族一時金などを遺族が受け取れますが、金額は少額になります。

理由は老後に年金を受け取るために加入している保険なので、在職中に亡くなってしまった場合に支払われる保険金と意味合いが異なるからです。