高度障害保険金【生命保険用語】

高度障害保険金こうどしょうがいほけんきんとは

高度障害という保険事故が発生した場合に支払われる保険金

保険契約では、保険事故が発生した場合に支払われる一定の金額を保険金と言います。

保険金の中でも高度障害保険金は、保険期間中に極めて重い状態(高度障害状態)になった場合に支払われる保険金の事です。

高度障害とは、疾病、傷害などの結果、身体が例えば「両上肢とも手関節以上で失ったか、又はその用を全く永久に失ったもの」や「両目の視力を全く永久に失ったもの」等、保険約款に定められた重い障害状態の事を指します。