コンサルティング・セールス【生命保険用語】

コンサルティング・セールスとは

顧客の生活設計に基づいた総合的な財産設計(ファイナンシャル・プランニング)を立案し、これをコンサルティングする事によって、商品提供(セールス)すること

財産設計を立案するにあたって、顧客情報の収集に基づく収入・支出および資産・負債の現状の把握を行います。

次に顧客の要望を正確に把握するとともに、顧客が意識しなくても客観的に判断して必要となるニーズを明らかにします。

現状分析をし、顧客のニーズが明確になれば、具体的な生活設計上の目標として設定します。

具体的な例としては、例えば現時点で相続が発生した場合、「相続税の納税資金として3000万円必要である」とか、「60歳以降老後生活資金が半年で5万円不足する」等、財産設計の土台となる目標を明確にしてくれます。

この様に、どの時期にどの資金が必要となるかが明確になって初めて具体的な財産設計の立案に基づいたコンサルティングが可能になります。