告知書扱【生命保険用語】

告知書扱こくちしょあつかいとは

無診査扱いの事。診査医扱と対比されるもので、医師の診査生命保険面接士による確認を伴わず、告知のみによって保険契約を行う事

告知書には、被保険者または契約者の告知事項を記入する欄があります。

その主な内容は、過去の病歴、現在の健康状態、身体の障害状態、職業などで、質問事項として記載してあります。

もし被保険者または契約者の悪意、又は重大な過失によって重要な事項が告知されなかったり、不実の告知がなされた場合には保険会社は告知義務違反として契約を解除出来ます。

告知について後日のトラブルを避けるために、必ず告知義務者自身が記入し、内容を確認した後に自ら署名するルールになっています。