個人年金保険料控除【生命保険用語】

個人年金保険料控除こじんけんきんほけんりょうこうじょとは

個人年金保険料の一定額がその年の所得から控除される事

所得税は最高で40,000円、住民税に関しては再考で28,000円の控除が受けられます。

個人年金保険料控除の対象は、一定の条件を満たしている個人年金保険料税制適格特約が付加されている個人年金保険に限られています。

控除を受けるための要件は、以下のとおりです。

  • 年金の受取人は、保険料の払込みをする者(契約者)、またはその配偶者となっている契約である事。
  • 年金受取人は被保険者(保険の対象者)と同一人物である事。
  • 保険料払込期間が、年金開始日まで継続して10年以上である事(※一時払は対象外)。
  • 年金支払開始日における被保険者の年齢は60歳以上で、かつ年金支払期間が10年以上または終身年金である事

上記の要件の他に、死亡保障が逓増的(少しずつ増加)になっている事という条件もあり、死亡保障が増減する変額年金は対象になりません。

これらの個人年金契約の保険料を支払っている場合は、一般の生命保険料控除とは別枠で個人年金保険料控除を受ける事が出来ます。