こども保険【生命保険用語】

こども保険こどもほけんとは

子どもの教育資金等の準備と、契約者である親が亡くなってしまったり、高度障害になったときの保障を兼ね備えた保険

原則として、親が契約者で子どもが被保険者となり、親子で加入する保険です。

子どもの教育や将来の結婚資金などの準備金として利用される事が多いのが子ども保険の特徴といえます。

満期時に満期保険金が支払われるものの他に、子どもが一定の年齢に達する毎に入学祝金が支払われる商品もあります。

また、契約者(親)が死亡してしまった場合、それ以降の保険料が免除され、さらに毎年「育英年金」が支払われる商品もあります。

自分の家族構成や年齢などを総合的に判断して最適な子ども保険を選びましょう。