生命保険に関する権利の評価【生命保険用語】

生命保険に関する権利の評価せいめいほけんにかんするけんりのひょうかとは

保険契約者(保険料負担者)と被保険者が異なる契約の場合、保険契約者の死亡によって相続財産に加えられる生命保険の評価額

契約者と被保険者の異なる契約において、契約者(保険料負担者)が死亡してもその契約から保険金が支払われる事はなく、また契約が消滅する事もありません。

一般的には、契約者(保険料負担者)を変更して契約を継続する事になります。

この場合、契約を引き継いだ者が生命保険に関する権利を相続によって取得した事になり、相続税の課税対象になります。

生命保険契約に関する権利の評価額は、課税時期における解約返戻金相当額(財産評価基本通達214)です。

なお、引き継いだ契約のその後の課税に関しては、新しい契約者が加入当初から保険料を負担していたものとして扱われるようになっています。