契約内容登録制度【生命保険用語】

契約内容登録制度けいやくないようとうろくせいどとは

生命保険業界でモラルリスク対策の一環として実施している制度

保険制度が健全に運営されるために、生命保険業界ではこの契約内容登録制度を設けています。

保険契約などの申込みがあった場合、生命保険会社生命保険協会に保険契約などに関する登録事項の一部を登録します。

生命保険協会に登録された情報は、同じ被保険者について保険契約などの申込みがあった場合、又は保険金などの請求があった場合に生命保険協会から各生命保険会社に提供され、各生命保険会社において保険契約等の引受、またはこれらの保険金等の支払いの判断材料にするためにこの情報を共有しているのです。

なお、登録の期間ならびに引受・支払いの判断の参考とする期間は、契約日、復活日、増額日または特約の中途付加日から5年間と決まっています。

登録事項は以下の情報が登録されます。

  • 保険契約者及び被保険者の氏名、生年月日、性別ならびに住所
  • 死亡保険金額および災害死亡保険金額
  • 入院給付金の種類および日額
  • 契約日、復活日、増額日および特約の中途付加日
  • 取扱会社名

なお、損害保険においても保険犯罪の発生を未然に防止するため、死亡・後遺障害保険金、入院・通院保険金などを支払う保険契約(傷害保険契約など)の内容を日本損害保険協会に登録し、各損害保険会社が重複保険契約の有無を確認する事が出来る契約内容登録制度を設けています。