契約転換制度【生命保険用語】

契約転換制度けいやくてんかんせいどとは

現在加入している生命保険契約を活用して、あらたな保険を契約する方法

インフレによる保障機能の低下、契約者の収入増加、家族構成の変化などによって生活設計上、現在の保険契約の保険種類、保障額、保険期間、保険料払込期間、特約の内容等を見直す必要が生じる事は少なくありません。

そのような状況になった場合、この契約転換制度を利用する事が一般的になっています。

転換制度は、現在の契約(転換前契約)の責任準備金積立配当金を「転換(下取り)価格」として新しい契約(転換後契約)の一部に充当する方法で、転換後は元の契約は消滅します。

主契約と特約の組み合わせや、それぞれの保障額、保険料の額や払込方法、保険期間及び保険料払込期間、配当方法などを総合的に変更する事が可能です。

これらの内容が転換前と転換後でどのように変化するのかを良く確認し、十分納得したうえで契約する事が重要です。

例えば、終身保険(転換前契約)を定期保険特約付終身保険(転換後契約)に転換する場合、転換価格をどの部分に充当するかによって、基本転換定特転換比例転換の3つの転換方式に分かれます。

※取り扱う転換方式については、各保険会社によって違いがあるので確認の必要があります。