剰余金【生命保険用語】

剰余金じょうよきんとは

予定の保険費用(営業保険料)と実際に要した保険費用(実質保険料)との差額の事

保険料は予定死亡率予定利率予定事業費率に基づいて計算されています。

そこで保険会社では、健康状態の悪い人が加入して全体の死亡率を悪化させない様に、また預かった保険料はより安全、確実、有利に運用するように、さらに会社運営にかかる経費は可能な限り節約する様にといった経営努力を行っています。

その結果、予定死亡率に比べた実際の死亡、予定利率に比べた実際の運用、予定事業費率に比べた実際にかかった経費から、それぞれ余り(益)が生じた場合、この余り(益)が剰余金と定義されます。

剰余金が生まれる要因は、死差益利差益費差益に分類され、これを「剰余金の3利源」といいます。

保険会社では、毎年決算を行い、剰余金は配当金として契約者に還元しています。

剰余金は契約者全体のものなので、一定割合を契約者(社員)配当準備金に繰り入れ、これを財源として契約者配当を行っています。