医療保険【生命保険用語】

医療保険いりょうほけんとは

疾病や傷害の治療にかかる経済的負担を軽減するための保険

疾病や傷害で入院しなければならなくなった時、国民健康保険など公的医療保険で保障されない費用をカバーするのが民間の医療保険になります。

民間の医療保険は、一般的に入院した日数に応じて入院給付金が支払われます。

手術をした際に一時金が出るものや、退院後の通院について日数に応じた給付金が出るものもあります。

また、医療保険には大きく分けて「定期型」と「終身型」の2つに分けられています。

定期型は、一定期間毎に同じ保障内容でその都度更新していくのに対して、終身型は保険期間を定めずに一生涯にわたって保障が続くタイプになります。

定期型は契約期間の更新時に以前と同じ保障内容で更新する場合、毎月の保険料が高くなります。年齢が上がるにつれて保険会社が保険金を支払うリスクが高くなる為です。

逆に終身型は更新が無いので、保険料は加入時のまま変動しないメリットがあります。