一時払養老保険【生命保険用語】

一時払養老保険いちじばらいようろうほけんとは

保険料を加入時に一括して払い込む養老保険

一時払いの場合で満期保険金や解約返戻金を契約後5年以内に受け取った場合は、金融類似商品として20.315%(2013年1月1日から2037年12月31日まで25年間の復興税制により、所得税15.315%+住民税5%)の源泉分離課税の対象となります。

5年を超えて満期を迎える場合は一時所得扱いとなります。

一時払養老保険は、貯蓄を目的とした保険なので、中長期の教育や結婚のための資金に適しているといえます。