一時払【生命保険用語】

一時払いちじばらいとは

契約締結時に、全保険期間に対する保険料を一時に全額支払う方法

保険料を全保険期間に対して一時に全額払い込む方法として、生命保険では、一時払の他に前納一括払という方法がありますが、この2つには以下の点で違いがあります。

一時払保険料は、全保険期間を一保険料期間として計算した保険料で、前納はあくまでも平準保険料の預かり金になりますので、仕組みは全く違うという事です。

したがって、万が一に保険事故が発生しても、一時払契約の場合は保険金が支払われるだけなのですが、前納中の契約については、保険金が支払われる事に加えて、前納金の残額(未経過分の保険料相当額)も返還される仕組みになっています。

これらの事をふまえると、前納の方が得なの?と考えると思いますが、一括払いの方が支払う保険料が前納よりも割安になるメリットもあります。

どちらも一長一短という事になり、得か損かはその時によってケースバイケースといえます。

※一時払の生命保険料控除は、払い込んだ年1回限りの控除になります。