保有契約高【生命保険用語】

保有契約高ほゆうけいやくだかとは

契約者に対して保険会社が保証する金額の総合計額のこと

主に生命保険事業において使用される用語で、生命保険会社保有する全契約における死亡保険金額の合計の事を指します。

保有契約高は、契約者から払い込まれた保険料の総合計額(保険料収入)とは異なる点に注意が必要です。

つまり保険会社が今後に支払う義務がある死亡保険金額の合計が保有契約高という事です。

保有契約高は、従来は生命保険会社の業績を表す基本的な保険指標とされていたのですが、最近では医療保険など死亡保険金が無い保険商品が増えているため、基本的な保険指標を表すものとはいえなくなってきています。