保険料贈与【生命保険用語】

保険料贈与ほけんりょうぞうよとは

被相続人である資産家が財産(現金)を相続人に贈与し、その贈与された現金を使って、相続人が生命保険の契約を行う方法

保険料贈与は財産減らしと納税資金の確保を兼ねた対策で、相続対策のひとつの方法です。

契約形態は、契約者(保険料負担者)が相続人、被保険者を被相続人、保険金受取人を相続人となります。

上記を親子間の保険料贈与で例えると、契約者が子供で、被保険者がその親、保険金受取人は子供という事になります。

相続人である保険契約者が負担する保険料の財源は、被相続人からの贈与を使います。

なお、贈与事実の心証を得るために、以下の4つの点に注意する必要があります。

  1. 毎年の贈与契約書を作成する。
  2. 毎年の贈与税申告書(贈与事実を残すために、贈与税の基礎控除以上の金額を贈与する)
  3. 所得税確定申告において、本契約の生命保険料控除を被相続人が使わないこと
  4. その他贈与事実が確認出来ること(相続人の預金口座に贈与された現金が振り込まれ、振り込まれた通帳から保険料が引き落とされるなど。また、預金管理等を被相続人と相続人の間で明確に区分すること)

なお、被保険者である被相続人が死亡した場合、死亡保険金はその受取人である相続人の一時所得となります。