変額個人年金保険【生命保険用語】

変額個人年金保険へんがくこじんねんきんほけんとは

株式や債券を中心に資産を運用し、その運用の実績によって年金や解約返戻金などが増減する個人年金保険

変額個人年金保険の保険料は、定額型の個人年金保険とは違い、特別勘定で運用されて、その運用実績に応じて積立金、解約返戻金、死亡給付金などが変動します。

年金額が年金受け取り開始後一定のタイプと、受取開始後も運用実績によって年金額が増減するタイプがあります。

年金受取期間の多くは保証期間付終身保険と確定年金ですが、保証期間付有期年金もあります。

資産運用の実績によって年金原資は変動するので、払込保険料の総額を上回る場合もあれば、下回る場合もあります。

最近では、年金原資や年金受取総額に最低保証のあるタイプを取り扱う生命保険会社が増えてきています。

年金受取総額保証が付いている商品であったとしても、据置(運用)期間終了時に積立金(年金原資)を一括で受け取る場合には、受取額が既払込保険料相当額を下回る事もあります。

また、年金受取開始前に被保険者が死亡した場合に受け取る死亡給付金については、多くは最低保証が付いてますが、最低保証の無い商品も存在します。