変額保険販売資格【生命保険用語】

変額保険販売資格へんがくほけんはんばいしかくとは

変額保険を販売するために、生命保険募集人の他に必要な資格のこと

生命保険業界には、生命保険募集人(営業職員と保険代理店)の資質向上を図るため、業界共通の生命保険募集人教育制度があります。

現在、一般課程、専門課程、応用課程、及び大学課程の各課程で教育が実施されると同時に、各課程に対応した試験が定期的に行われています。

また、変額保険販売資格制度に基づいて変額保険販売資格試験が実施されています。

変額保険販売資格は、変額保険の販売に必要な知識を修得する事を目的としていて、「生命保険募集人として登録済で、なおかつ専門課程試験の合格者である事」など、一定の要件を満たしている人を対象に変額保険販売資格試験が実施されています。

この試験に合格すると、生命保険協会に登録(変額保険販売資格者登録制度)出来るようになり、変額保険の販売が可能になります。