変額保険【生命保険用語】

変額保険へんがくほけんとは

運用実績に応じて保険金額や解約返戻金が変動する保険

変額保険では、払い込まれた保険料を他の生命保険とは別の特別勘定という方法で株式・公社債などを中心に積極的に運用します。

運用については、利息や配当金だけでなく、値上益も目論んで積極的に運用するので、うまくいけば値上益も含めて全て契約者に還元され、保険金額・解約返戻金額等が増加します。

しかし、株式市場の低迷などで運用はうまくいかなかった場合、その金額は減少するケースもあります。

その意味では、リスクもリターンも契約者に帰属するという自己責任原則に基づいた生命保険商品といえます。

変額保険は、保険金額は毎月変動し、解約返戻金額は毎日変動します。

あくまで運用実績によるので、満期保険金や解約返戻金は保証されていないのです。

しかし、投資信託などとは違い、生命保険商品なので、万が一の場合の死亡保険金については基本保険(契約時の保険金)が保証されています。

変額保険には、終身保険タイプの「終身型」と、養老保険タイプの「有期型」があり、保険料の払込方法に関しては通常の保険と同様に、月払半年払年払一時払などがあります。