平準純保険料式【生命保険用語】

平準純保険料式へいじゅんじゅんほけんりょうしきとは

責任準備金の積立方法のひとつで、平準純保険料と保険金支出だけを考慮して純保険料の計算基礎通りに責任準備金を積み立て、事業費は営業保険料の中の付加保険料で賄う方式

責任準備金の積立方式の代表的なものには、この「平準純保険料式」と「チルメル式」の2つがあります。

平準純保険料式は、一般的に諸経費の支出によって契約初年度は多額になる事業費を、保険料払込期間にわたって毎回一定額(平準)と想定して、責任準備金を計算する方式です。

一方でチルメル式は、初年度の事業費を厚くして、それ以降は一定期間(5年や10年などの期間)で償却する事を想定した計算方法です。

現在の日本の生命保険会社は平準純保険料式によって責任準備金を積み立てています。

平準純保険料式は、要するに純保険料式という意味合いでもあります。