平準保険料【生命保険用語】

平準保険料へいじゅんほけんりょうとは

契約の初期から終期までの保険期間全体で収支バランスがとれるように計算した保険料

自然保険料の問題点を解消し、高齢になっても契約を続けられる様に毎年の保険料を同額にして、毎年の保険料収入が保険金支払に見合わなくても、満了した時点で全体の収支が一致するように平準化されて計算されている保険料です。

平準保険料の計算では、保険料収入から保険金支払の時点に至るまでの時間のズレにともなって生じる利息も考慮に入れて保険料の計算を行っています。

最近では、殆どの生命保険がこの平準保険料で契約されています。