ハーフ・タックス【生命保険用語】

ハーフ・タックスとは

「二分の一の厚生保険」とも呼ばれる。事業保険(福利厚生型)の1形態で、企業が従業員(役員含む)の為に支払った養老保険の保険料のうち、その保険料の半分は資産計上に、残りの半分は期間の経過に応じて損金算入が可能というもの

契約形態は、契約者を企業、被保険者を役員・従業員、保険金受取人は満期保険金受取人を企業、死亡保険金受取人が役員・従業員の遺族となっています。

この場合、支払った保険料のうち、その保険料の半分は資産計上に、残りは期間の経過に応じて損金算入が可能です。

ただし、役員または部課長その他特定の使用人のみを被保険者をしている場合は、保険料の半分は資産計上、残りは給与となります。(法人税基本通達9-3-4「養老保険に係る保険料」

企業が役員や従業員の福利厚生を目的として利用するためには、その加入においては「普遍的」である事が要求されます。

したがって、保険金額や保険期間においても全員一律の保険金額で、従業員の定年に合わせた保険期間である事が理想的といえます。