払済保険【生命保険用語】

払済保険はらいずみほけんとは

保険料の払込みを中止して、保険期間を変更しないで一時払養老保険もしくは元契約と同じ保険に変更した保険

保険契約期間の途中から保険料を支払わず、契約を有効に継続する方法のひとつです。

払済保険は、その時の解約返戻金(契約上の貸付金がある場合には、その元利金を差し引いた残金)をもとに、元の契約の保険期間を変更しないで、一時払の養老保険、もしくは元の契約と同じ種類の保険に変更します。

要するに、払済保険の保険金(払済保険金)は、元の契約の残存保険期間を新たな保険期間とした一時払保険となるわけです。

保険金は一般に元の契約より小さくなり、各種特約の保障はなくなります。

なお、保険種類によっては取扱が異なる場合があるので、その都度確認する必要があります。