限定告知型医療保険【生命保険用語】

限定告知型医療保険げんていこくちがたいりょうほけんとは

従来の告知・診査を必要とする医療保険に契約できなかった人も、所定の告知項目に該当しなければ契約できる医療保険(特約)

無告知という意味ではなく、数項目の告知をする事で無選択型医療保険よりも保障内容の制限を少なくしたものになります。

引受基準緩和型医療保険選択緩和型医療保険という名称で取り扱っている保険会社もあります。

通常の医療保険と比較して保険料は割高になりますが、告知項目に該当しなければ、持病がある人などでも原則として契約できます。

主な告知項目は以下になります。1つも該当しなければ原則として加入できます。

  • 過去2年以内に入院・手術をした事がある
  • 過去5年以内にがんで入院・手術をした事がある
  • 今後3ヶ月以内に入院・手術の予定がある
  • 現時点でがん・肝硬変と医師に診断又はその疑いがあると指摘されている
  • 現在までに公的介護保険の要介護認定を受けた事がある

※上記に該当していなければ保険に加入できますが、上記の告知項目は保険会社によって違いもあるので、各保険会社毎に確認が必要になります。

なお、保険商品を選ぶ際には、通常の医療保険等を契約可能かを確認したうえで、給付の要件などを数社の保険会社で比較検討する事が大切になります。