がん保険【生命保険用語】

がん保険がんほけんとは

がん(癌)により、入院したり所定の手術を受けた時に給付金が支払われる保険

がんで入院・手術した時に、入院給付金や手術給付金が支払われます。

がんで死亡した時には死亡保険金が、がん以外の死亡についても所定の死亡保険金(給付金)が支払われますが、金額は少額になります。

また、がんと診断された時には診断給付金、退院後には療養給付金が支払われる商品が多くあります。

契約日から90日(3ヶ月)の待ち期間(猶予期間)があり、この期間中にもし、がんと診断された場合は保障の対象にならずに契約は無効になります。

上皮内がん等、がんの種類によっては一部支払いの対象にならないケースや、給付金の額が低く設定しているものもあるので、契約に関する約款(定款)等で必ず確認する必要があります。