延長(定期)保険【生命保険用語】

延長(定期)保険えんちょう(ていき)ほけんとは

保険料の払込みを中止して、保険金を変えないで一時払定期保険に変更した保険

延長(定期)保険とは、その時の解約返戻金(契約上の貸付金がある場合、その元利金を差し引いた残金)をもとに、元の契約の保険金額を死亡または高度障害になった時に保険金が支払われる一時払の定期保険に変更する事です。

延長(定期)保険は、可能な限り元の契約の満期時まで死亡保障をし続けるものであり、解約返戻金を取り崩して毎年の死亡保険金の支払いに充当し、原資となる解約返戻金を使い果たすとその時点で保障は終了になります。

延長期間満了日まで生存した場合は、保険金は支払われません。

しかし、元の契約の満期時まで継続し、その時点でなお残金があれば生存保険金としてその額が支払われます。

また、各種特約の保障は無くなります。