営業保険料【生命保険用語】

営業保険料えいぎょうほけんりょうとは

純保険料付加保険料を加えた保険料

予定通りの死亡率と利回りが実現すると、過不足なく保険料が満了するのが純保険料と定義されます。

しかし、この純保険料だけで保険会社の経営が成り立っているわけではありません。

保険事業を運営するためには、営業職員をはじめ、事務に従事する職員などの人件費や、事務所の賃貸料にパソコン等の機器類などの様々な経費が必要になります。

そこでこれらの諸経費を保険契約者に均等に負担してもらう必要が生じます。

この諸経費に充てる保険料を付加保険料といいます。

この付加保険料に純保険料を合算したものが営業保険料になります。

純保険料が予定死亡率と予定利率に基づいて計算されているのと同様に、付加保険料もあらかじめ事業経営に必要な経費を予定事業費率に基づいて計算されて算出されています。

※営業保険料は、別名で「表定保険料」や「総保険料」とも呼ばれます。