長期平準定期保険【生命保険用語】

長期平準定期保険ちょうきへいじゅんていきほけんとは

保険期間満了時における被保険者の年齢が70歳を超え、かつ保険加入時の年齢に保険期間の2倍に相当する数を加えた数が105の条件を満たした場合の定期保険

長期平準定期保険は、保険期間が長期にわたって保険料が一定額の保険なので、通常の定期保険に比べて保険期間と解約返戻金について差異があります。

長期平準定期保険は、長期間の保障をその期間に合わせて保険料を支払っていくタイプのもので、解約返戻金は満期に向かって徐々に増加してはいくのですが、満期になるとゼロになるという仕組みの保険です。

長期平準定期保険は、保険期間の途中での解約返戻率が高くなるため、役員退職金の準備としても活用される事も多いです。

一般的な契約形態は、契約者・死亡保険金の受取を法人として、役員や従業員を被保険者とします。

長期平準定期保険の経理処理

この契約形態の場合、保険期間の前半の6割の部分は、支払保険料の二分の一(半分)を前払保険料(長期前払費用)として資産に計上し、残りの二分の一(半分)を定期保険料として損金に算入します。

保険期間の後半の4割の部分は、保険料の全額を定期保険料として損金算入するとともに、資産に計上した前払保険料を残り4割期間で均等に取り崩して損金に算入します。