頭金制度【生命保険用語】

頭金制度あたまきんせいどとは

契約時にボーナスや預貯金などの余裕資金を活用して、生命保険金額の一部に対する保険料を1回で払い込む方法の事

この方法を利用することによって、毎月の支払保険料の負担が軽くなる。また、この方法を利用しない時に比べて、保険料の支払い合計額も少なくなります。

別名で「一部一時払」とも呼ばれます。