少額短期保険【生保・損保の共通用語】

少額短期保険しょうがくたんきほけんとは

保険金額が少額(1,000万円以下)で、保険期間が短期(1年または2年)である保険

2006年4月に保険業法が改正・施行され、生命保険、損害保険に続く保険制度として少額短期保険業の制度が新設されました。

少額短期保険の特徴は、従来の保険制度に比べて掛金が少額で、その分だけ保障される額も少ない事です。

保険期間は1年または2年で更新されるので、頻繁に見直しを図る事が可能な体制になっています。

また、生命保険事業と損害保険事業は、同一事業者が2種を兼営する事が禁止されていますが、生命保険事業者や損害保険事業者が少額短期保険業を兼営する事は認められています。

このような点もあり、少額短期保険では、死亡保険医療保険、家財保険、ペット保険等の多種多様な保険商品が提供されています。