社会保険【生保・損保の共通用語】

社会保険しゃかいほけんとは

政府が政策上の目的を達成するため、保険の仕組みを活用して運営する制度。社会保障制度の基本的な仕組みである

社会保険は、保険料を財源として保険技術を用いて給付を行う方式です。

国や公的な団体が保険者になり、被保険者強制加入になります。

なお、保険技術を用いている制度ですが、被保険者は強制加入なので、給付・反対給付均等の原則保険料が保険金の額と事故発生の確率に比例するという原則)が所得再配分の必要性から必ずしも守られていないのが課題です。

また、国の管理と国庫補助が行われるので、民間保険とは明らかに違います。

社会保険を広義に理解すると、健康保険、厚生年金保険、労働者災害補償保険(労災保険)、雇用保険等の職域保険と、国民健康保険、国民年金、介護保険等の地域保険とに分けられます。

また、実務面では、健康保険、厚生年金保険、介護保険を社会保険と呼び、労働者災害補償保険、雇用保険を労働保険と呼ぶのが一般的になっています。