失効【生保・損保の共通用語】

失効しっこうとは

保険契約が保険期間の途中で効力を失う事

保険者が負担すべき保険事故以外の事由によって、保険の目的等の全部または一部が減失した場合に契約は失効します。

また、保険料払込みの猶予期間が経過しても、保険料が払い込まれない場合には自動振替貸付が行われる場合を除いて、保険契約者の意思を必要とせずに、自動的に保険契約はその効力を失う事になります。

さらに、自動振替貸付金や契約貸付金の元利金合計額が、その保険契約の解約返戻金を超える場合にも、その保険契約の効力を失う事が約款で規定しています。(別名オーバーローンと呼ばれるもの)

ただし、失効した日を含めた所定期間以内であれば、保険者の承諾を得て元契約に復活する事が可能になっています。

生命保険契約の失効のページもご参考にしてみて下さい。