制度共済【生保・損保の共通用語】

制度共済せいどきょうさいとは

農協(農業協同組合)、漁協(漁業協同組合)、全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)、都道府県民共済、生協(生活協同組合)等が運営する共済の事

共済組合の代表的なものとして、JA共済(全国共済農業強度憂っ組合連合会:JA共済連)、JF共済(全国教唆水産業協同組合連合会:JF協水連)、全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)、都道府県民共済(全国生活協同組合連合会)、CO・OP共済(日本コープ共済生活協同組合連合会:コープ共済連)等があります。

制度共済は、生命保険会社と損害保険会社のそれぞれが提供する生命保険商品と損害保険商品に似たような共済商品が提供されています。

しかし、制度共済は、加入者保護のための根拠法が定められていて、監督庁もあるので保険業法の監督規制から外れます。

制度共済のJA共済は農業協同組合法(農林水産省)、JF共済は水産業協同組合法(農林水産省)、全労済県民共済CO・OP共済の3つは消費生活協同組合法(厚生労働省)に基づく監督の下で加入者保護がなされています。